花粉対策

■花粉の少ない森づくり運動

花粉の少ない森づくり

多摩地域のスギやヒノキ等の人工林を伐採し、花粉の少ないスギ等を植栽することにより樹種更新を図り、多摩地域から発生するスギ花粉量の削減を目指します。
(公財)東京都農林水産振興財団では、東京の林業を再生し、森林の伐採・育成が自立的に進むよう、生産型森林の対策を推進しています。

【図】花粉の少ない森づくり

花粉の少ない森づくりを推進するため、都民の皆様にご協力いただく各種の運動を展開しています。

■花粉の少ない森づくり運動に関するお問い合わせ先

花粉の少ない森づくり運動担当

TEL:0428-20-8153 E-mail:moridukuri@tdfaff.com

〒198-0036 東京都青梅市河辺町6-4-1青梅合同庁舎3F

花粉の少ない森づくり募金

■募金について

スリーコインワンツリー運動
スリーコインワンツリー運動

皆さんから寄せられた募金は「花粉発生源のスギ伐採」と「花粉の少ないスギへの植替え」などの事業費にあてられます。例えば、1500円で、スギ1本を切り出し、花粉の少ないスギに植え替えることができます。
「花粉の少ない森づくり募金」にご協力よろしくお願い致します。

■募金方法

【 銀行 】

「花粉の少ない森づくり募金」へご寄付いただく際は、下記の口座にお願いいたします。
みずほ銀行、東京都民銀行、中央労働金庫の各支店窓口からご入金いただくと、手数料が無料になります。
また、手数料が無料となるゆうちょ銀行の払込取扱票を、お求めがありましたらお送りいたしますので、下記へご連絡ください。

銀 行 ゆうちょ銀行 00110-4-501613 ザイ)トウキョウトノウリンスイサンシンコウザイダン
銀 行 みずほ銀行 立川支店 普通 1112074 ザイ)トウキョウトノウリンスイサンシンコウザイダン カフンボキン
銀 行 東京都民銀行 立川支店 普通 4066882 ザイ)トウキョウトノウリンスイサンシンコウザイダン
労 金 中央労働金庫 立川支店 普通 2034714 ザイ)トウキョウトノウリンスイサンシンコウザイダン カフンボキン
寄付金控除について

当財団は東京都知事より公益財団法人として認定を受けています。
当財団への一定条件を満たす寄付金は、確定申告により所得控除または税額控除を受けることができます。

※申告手続きの詳細については、最寄りの税務署等でご確認ください。

[参考]国税庁ホームページ  http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1150.htm
控除の適用を希望される方は、申告に必要な書類として、寄付金の受領書を発行いたしますので、下記へご連絡ください。
花粉の少ない森づくり募金(振込、受領書等)に関するお問い合わせ・連絡先
(公財)東京都農林水産振興財団 花粉の少ない森づくり運動担当
TEL:0428-20-8153  FAX:0428-22-1489
E-mail:moridukuri@tdfaff.com
【 募金箱 】
募金箱

設置場所:東京都庁第一本庁舎1階エントランス前、第二本庁舎1階案内コーナー前、展望室(第一本庁舎45階)、東京産業労働局の各施設、都保健所、その他関連施設など

東京都薬剤師会のご協力により、都内約5000ヶ所の薬局にも設置されております。

募金箱の設置に関してはこちらへ

【 PASMOカード 】

運動に協力している都営地下鉄内のお店や自動販売機(シールが店頭にはってあります) で、PASMOカードを利用してお買い物をされると売上金の一部が募金として活用されます。

利用できる店舗については、東京都交通局ホームページの【 PASMOナビ 】電子マネーの紹介ページをご覧下さい。
詳しくはこちらへ


【 東京マラソン2018チャリティ 】 

昨年度に引き続き、東京都農林水産振興財団は東京マラソン2018チャリティ事業の寄付先団体となりました。
東京マラソン2018チャリティへの参加で、一緒に「花粉の少ない森づくり」を盛り上げましょう!
詳しくはこちら (http://www.marathon.tokyo/news/detail/news_000434.html)
東京マラソン2018チャリティ公式ウェブサイトアドレス  (http://www.marathon.tokyo/)

東京マラソン2018チャリティ



【 東京マラソン2017チャリティ 】

東京マラソン2017チャリティによる「花粉の少ない森づくり」へご協力ありがとうございました。
2017年3月31日に東京マラソン2017チャリティの寄付金募集が締め切られました。
お寄せいただいた142件8,768,000円の寄付金は、花粉の少ないスギへの植替え等に役立てます。
今後も「花粉の少ない森づくり」へのご協力をお願いします。
大会当日の様子は
詳しくはこちら (https://www.runwithheart.jp/npo/activity_detail?id=107)


【東京マラソン2017チャリティ・アンバサダー】

東京都農林水産振興財団は、東京マラソン2017チャリティ事業の寄付先団体です。このたび、当財団の東京マラソン2017チャリティにおけるPR活動を推進する「チャリティ・アンバサダー」として、元ラグビー全日本代表の松田努さんに就任していただきました。松田さんは、東芝府中ラグビー部の現役時代に「企業の森・東芝府中(青梅)」の森づくりに参加し、現役引退後も「花粉の少ない森づくり」に関わられ、そんなご縁から今回の就任をお願いしました。

東京マラソン2017チャリティ公式ウェブサイトアドレス  http://www.runwithheart.jp/

■募金実績報告

平成18年3月27日(開設日)から平成28年3月31日まで
団体区分 募金額(円)
個人 3,943,942
企業・団体等 290,901,872
パスモ 16,137,457
森づくり支援倶楽部 7,801,400
ダイヤルQ2 1,125,996
合計 319,910,667

※大口寄付団体(10万円以上、敬称略)

【一般募金】

○ 平成28年度のご寄付(平成28年4月1日〜)

(株)キシル、(株)八千代銀行、(株)東京都民銀行、トムソン・ロイター・マーケッツ(株)

○ これまでのご寄付(平成28年3月31日まで)

 (株)東京都民銀行、田中貴金属ジュエリー(株)、(株)サイバーエージェント、御岳登山鉄道(株)、(社)全日本不動産協会東京都本部多摩西支部、(株)ファイブスター東都、東京秋川ライオンズクラブ、東京紀尾井町ロータリークラブ、都議会花粉症対策推進議員連盟、協同乳業(株)、トランスパシフィックフィッシャリーズ(株)、 東芝労働組合府中支部、東京木材問屋協同組合、東京都森林組合、東京下水道エネルギー(株)、東京都下水道サービス(株)、連合東京、東京信用保証協会、JA東京中央会、東京日本橋ロータリークラブ、(株)PUC、(株)東京交通サービス、(財)東京都交通局協力会、東京水道サービス(株)、(有)東京エイドセンター、東京都市開発(株)、水道マッピングシステム(株)、東京都合板組合、東京都畜産関係OB会、(株)アイ・ティ・フロンティア、飯田電機工業(株)、(株)はとバス、東京都職員信用組合、東京都競馬(株)、日本ビルサービス(株)、(株)サマーランド、東京臨海熱供給(株)、アイチサンギョウ(株)、三井不動産(株)、JAM東京、東京ビッグサイト電設協議会

【東京マラソンチャリティを通じたご寄付】

○ 「東京マラソン2016チャリティ“つなぐ”」までにいただいたご寄付

 東芝労働組合府中支部、(有)菊水堂、医療法人社団涼瑞会、(株)マーケティングアンサーズ、フラワーハイワークス(株)、環境ステーション(株)、(株)LIFECREATIONS、(株)東栄ジャパン、システムスリーテン(株)、(株)アヴァルセック、医療法人社団ぞうさん会、(株)梅丘寿司の美登利総本店、(株)FR、はしもと小児科、(株)アイビー・シー・エス、(株)エヌ・アンド・シー、(株)遠藤波津子美容室、ケーケーエンジニアリングトレーダーズ(株)、医療法人社団修勇会、ゼビオ(株)、はとみリビング(株)、(株)船橋ビルサービス、(株)マルコ

花粉の少ない森づくり募金にご協力ありがとうございました

この募金は、

スギの伐採及び搬出の費用
植裁と保育(植裁、下刈り、除伐など)の事業費
花粉の少ない森づくり運動の啓発・普及活動

に活用させていただきました。

■募金活用事例


▲伐採

▲搬出

▲植栽

▲お箸づくりなど
多摩産材を活用した体験活動

▲学校でのお箸づくりと森の話

▲展示

企業の森

相関図

企業の森とは、企業(団体)の協賛により「花粉の少ない森づくり」を進めていく事業です。対象となる森林の所有者、企業(団体)、(公財)東京都農林水産振興財団の三者で10年間の森林管理に関する協定を締結します。その間、企業(団体)は森に名前をつけ社会貢献活動のPRや、研修の場として利用することもできます。

資料はこちらです。


■問い合わせ先
 花粉の少ない森づくり運動担当  TEL:0428-20-8153  E-mail:moridukuri@tdfaff.com

< 企業の森 参画企業・団体 >

No
(協定概要)
企業の森名
(これまでの森づくりイベント)
企業・団体名
(企業・団体ホームページ)
開始年月 場所・面積
第1号 企業の森・東芝(御岳) 株式会社東芝 19年5月 青梅市
4.72ha
第2号 東芝府中・日の出の森 東芝労働組合府中支部 19年10月 日の出町
1.75ha
第3号 武蔵野水道・時坂の森 武蔵野市水道部 20年3月 檜原村
3.21ha
第4号 企業の森・黒田電気(青梅) 黒田電気株式会社 20年3月 青梅市
0.65ha
第5号 企業の森・NTTコムウェア
(青梅)
エヌ・ティ・ティ・コムウェア
株式会社
21年2月 青梅市
3.14ha
第6号 企業の森・エムオーテック
(あきる野)
株式会社エムオーテック 21年3月 あきる野市
3.56ha
第7号 企業の森・東芝府中(青梅) 株式会社東芝
府中事業所
21年4月 青梅市
3.17ha
第8号 企業の森・ネッツトヨタ多摩
(青梅市成木)
ネッツトヨタ多摩
株式会社
21年5月 青梅市
2.47ha
第9号 新宿の森 あきる野
(企業の森)
新宿区 22年3月 あきる野市
3.73ha
第10号 サントリー天然水の森奥多摩
(企業の森・サントリー(檜原))
サントリーホールディングス
株式会社
22年3月 檜原村
13.00ha
第11号 企業の森・いなげや(青梅) 株式会社いなげや 22年5月 青梅市
0.93ha
第12号 企業の森・東栄住宅(あきる野) 株式会社東栄住宅 22年7月 あきる野市
2.89ha
第13号 企業の森・カナデン(青梅) 株式会社カナデン 22年8月 青梅市
0.46ha
第14号 美しい多摩川フォーラムの森
(青梅)
美しい多摩川フォーラム・
青梅信用金庫
22年9月 青梅市
1.59ha
第15号 東京都交通局・100年の森(青梅) 東京都交通局 23年5月 青梅市
1.25ha
第16号 企業の森・公益社団法人
青梅法人会(長淵)
公益社団法人青梅法人会 23年7月 青梅市
1.61ha
第17号 企業の森・リコーロジスティクス
グループ(御岳)
リコーロジスティクス
株式会社
23年12月 青梅市
1.76ha
第18号 日野自動車 70周年の森(御岳) 日野自動車株式会社 24年9月 青梅市
2.29ha
第19号 企業の森・清和綜合建物(御岳) 清和綜合建物株式会社 24年10月 青梅市
0.45ha
第20号 グリーンアークの森(御岳) NPO法人グリーンアークの森 25年12月 青梅市
5.10ha
第21号 企業の森・あくなき創造の森
(青梅柚木)
サトーホールディングス
株式会社
26年3月 青梅市
1.16ha
第22号 富士通グループ・あきる野 企業の森 富士通株式会社 26年12月 あきる野市
0.73ha
第23号 企業の森・環境ステーションの森
(檜原)
環境ステーション株式会社 27年2月 檜原村
1.57ha
第24号 サントリー天然水の森
とうきょう秋川(企業の森)
サントリーホールディングス
株式会社
27年4月 あきる野市
0.99ha
第25号 日本事務器・あきる野引田
企業の森
日本事務器株式会社 27年5月 あきる野市
0.21ha
第26号 企業の森・東栄住宅(青梅) 株式会社東栄住宅 28年4月 青梅市
0.74ha
第27号 エコロじいの森 株式会社NTTファシリティーズ 29年3月 青梅市
1.90ha
第28号 多摩プロジェクト ネッツトヨタ多摩
プリウスPHVの森
ネッツトヨタ多摩株式会社 29年4月 青梅市
3.69ha

< 企業の森・イベント報告 >

参画企業・団体の社員やそのご家族の方などが森づくりイベントに参加し、花粉の少ない森づくりに協力しています。

最近の取り組み事例
■2017年度イベント報告

花粉の少ない森づくり運動 よくあるご質問

■花粉の少ない森づくりについて

■花粉の少ない森づくり募金について

■企業の森について

■森づくり支援倶楽部について


■花粉の少ない森づくりについて

Q. スギを伐採するのだから、広葉樹に植え替える方が良いのでは?どうしてまたスギを植えるのですか?

A. 木材は、再生可能な資源であり、地球温暖化対策や循環型社会の構築のためには、東京でも木材生産を継続する必要があります。スギは、花粉を多く出す以外は、成長が良く真っ直ぐに育つため、木材生産上は重要な樹種です。そこで、花粉発生源対策では、林業を継続させるため、花粉の少ないスギを中心に植樹しています。

Q. 伐採や花粉の少ない苗木への植え替えはどのぐらい進んでいるのですか?

A. 花粉の少ない森づくりの対象面積は、平成22年度末で308haです。順次、花粉の少ないスギ等に植え替えられます。

Q. 木を伐ることは、自然環境の破壊ではないですか?

A. 人の手によってつくられた森林(人工林)は、「植える→育てる→伐採(収穫)する→植える・・」(森づくりの循環)という手入れを行う事で、健全な環境が保たれ、木材資源を持続的に与えてくれます。手入れが行き届いた健全な森林は、二酸化炭素の吸収機能をはじめ、森林が持っている水源かん養、山地災害防止などのさまざまな機能が十分に発揮されるようになるのです。

Q. 多摩産材の製品を購入できる場所を教えてください。

A. 東京の森と木の情報ポータルサイト「東京の森と木」をご覧ください。
東京の森と木:(http://www.tamamori.jp/)

↑よくあるご質問TOPへ戻る

■花粉の少ない森づくり募金について

Q. 領収書は発行されますか?

A. はい。ご希望の方は、花粉の少ない森づくり運動担当までご連絡ください。

Q. 募金で税金の控除を受けることはできますか?

A. はい。寄附金控除に該当し、所得税、地方税、法人税の優遇措置が受けられます。詳しくは、国税庁、税務署にお訊ねください。(国税庁ホームページ)

Q. お店(会社)やイベントで募金箱を設置したい。

A.東京都では、「花粉の少ない森づくり」募金の募金箱の貸し出しを行っています。詳しくは東京都ホームページにてご確認ください。

Q. 多摩産材を活用した募金活動を行いたい。

A. イベントで多摩産材コースターの色塗りや、募金協力者への粗品として多摩産材ストラップやウッドチップを配布した例があります。
また多摩産材の「お箸づくりキット」も用意しています。子ども向けの環境学習教材として学校や各種イベントで好評をいただいております。
イベントの内容や規模などお気軽にご相談ください。
ご希望の方は、花粉の少ない森づくり運動担当までご連絡ください。

↑よくあるご質問TOPへ戻る

■企業の森について

Q. 手続きにはどのぐらいの期間がかかりますか?

A. 契約までに、対象となる山林の決定と費用の調整、協定書の確認等が必要です。また、ご希望により山林の事前視察を行います。お支払いいただく金額については、10年分の年度別計画書をご覧いただき、調整を行います。そのため、協定調印までおおむね半年ほどお時間がかかります。

Q. 企業の森の支払いは、山林を購入するということなのでしょうか?

A. いいえ。企業の森にご参加される企業・団体がお支払いいただくのは、山の整備に掛かる費用(植樹する苗木代や下刈り代など)に相当する金額です。対象地にて植樹体験などのイベントを実施する場合には、その費用も加算されます。また花粉の少ない森づくり募金へのご協力もお願いしております。

Q. 協定期間の希望、費用の希望は聞いていただけるのでしょうか?

A. 企業の森の協定期間は原則10年間としております。お支払いいただく金額は、対象面積やイベントの実施内容などにより異なってきます。目安として、1ha約650万円です。詳しい内容につきましては、花粉の少ない森づくり運動担当にご相談ください。

Q. 企業の森にて、社員だけでなく、地域住民や顧客を招待して植樹体験などのイベントを行う事はできますか。

A. はい。イベントの内容については、協力企業、団体のご希望に合うよう調整して参ります。ただし、対象面積により参加人数が限られます。また山林は傾斜がきつい箇所もございます。安全面からも植樹体験の場合、約0.3haにつき40〜60人(1人約12本程度)が最適です。

Q. CO2吸収量をPRすることができますか?

A. 植樹されたばかりの山林は、呼吸による二酸化炭素排出量と光合成による吸収量の差がまだ少なく、成長期(おおむね10年頃から)になるにつれ吸収量が増え樹木もぐんぐんと生長していきます。その後、成熟期となると呼吸量が増えていき差し引きの吸収能力は低下していきます。
花粉の少ない森づくり運動で行っている「企業の森」は、伐採した森林を対象に、植樹から森林整備を約10年間行って参ります。そのため、成熟期の山林を伐採し、成長期になるまでの期間を請け負います。将来にわたり吸収量の多い森づくりに貢献したことにはなりますが、協定期間の吸収量を算出するとその量は必ずしも多くならないことをご理解ください。

東京都では、平成24年度より「とうきょう森づくり貢献認証制度」を設けています。企業の森活動によりこの認証を受けることが可能です。
なお、「とうきょう森づくり貢献認証制度」に関するお問合せは、東京都森林組合連合会までお願いいたします。詳細は以下URLからご覧いただけます。
http://www.toshinren.org/forest_action/

↑よくあるご質問TOPへ戻る

■森づくり支援倶楽部について

Q. 森づくり支援倶楽部に入会するには?

A. 森づくり支援倶楽部については、こちらをご覧下さい。
(森づくり支援倶楽部:http://www.tokyo-aff.or.jp/club/index.html)

↑よくあるご質問TOPへ戻る