● 春期イベント報告


■5月15日「企業の森・いなげや(青梅)」

  記念植樹イベント

株式会社いなげやは、2010年5月に創業110周年を迎えました。 これを記念した事業の一環として、いなげや発祥の地である多摩地区の環境(森林)保全のため、 青梅市に「すこやけく」という経営理念を冠した「企業の森・いなげや(青梅)」を創設しました。

当日は晴天に恵まれ、いなげやの各店舗から160名と多くの方が参加しました。 開会式ではいなげやの遠藤社長をはじめ、森林所有者さまよりご挨拶いただきました。 植樹会では3つのグループに分かれ、針葉樹・広葉樹約2000本の植樹と、東京の木のマイ箸づくり体験を行いました。

植樹は(特)森づくりフォーラムの指導員のもと、各グループ毎に指導員の説明を受け、ていねいに苗木を植えていきました。 22年度新入社員67名は、植えた苗木に自分の名前を書いた札を取り付け、共に成長しようという願いを込めました。

東京の木のマイ箸づくりは、暖かな木漏れ日が差し込む、静かな森の中で行いました。 カッターと紙やすりを使った作業で東京の木の感触を味わいながら、作業に熱中しました。

作業終了後の閉会式で、この森を末永くすこやかに育てていくことを再度確認し、 「がんばるぞー!」のかけ声のもと、植樹会は無事終了しました。


お箸作り体験
≪もとのページへ戻る