青梅畜産センター

青梅畜産センター
平成17年に旧東京都畜産試験場は現在の(公財)東京都農林水産振興財団に統合されました。 この時青梅庁舎に誕生したのが、東京都が開発した「トウキョウX」、「東京しゃも」、「東京うこっけい」の系統を維持し、種畜を生産者に配付する事業課“青梅畜産センター”です。 当センターでは、東京の地域特性を活かした畜産業を振興するため、また消費者(都民)に安全で付加価値の高い畜産物を提供するために、東京都や生産者等と連携して高品質な豚や鶏の系統を維持し、種畜等の生産・販売を行なっています。 また、畜産業に対する都民の理解を得るための活動もあわせて行なっています。
現在、当センターのある青梅庁舎では、年間を通じて多くの見学者を受け入れ、多くの学校、団体の見学が行なわれています。 また春や秋には家畜ふれあいデーも開催されて、都民に親しまれる公園的な環境となっています。 なお、見学は土日休祝日を除く9:00〜16:00となっています。また、家畜伝染病が国内で発生した場合などは、閉場となりますのでご了承下さい。
概要 土地 建物
都有地 棟数 建物面積
258,409.44m2 258,409.44m2 77 10,519.79m2
〒198-0024
青梅市新町6-7-1
TEL:0428-31-2171  FAX:0428-31-8474