ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地 チャレンジ農業支援センター > 「農業者収益向上緊急対策事業」
ウクライナ情勢に係る農業者の収益向上に向けた取組を支援します

本文

「農業者収益向上緊急対策事業」
ウクライナ情勢に係る農業者の収益向上に向けた取組を支援します

 

ベジタブル

緊急対策事業​としてこれまでの支援に加えて実施します

 ウクライナ情勢に係る燃料や資材等の高騰により、生産に係る固定経費が増加するしていることから
農業経営を下支えするために、緊急対策として、相談、専門家派遣、販路開拓支援、助成等をチャレンジ農業支援事業と一体的に行います。
この事業を希望される場合も、これまでのチャレンジ農業支援事業と同様にチャレンジ農業支援センターに申し込みください。
必要な経費の3分の2を助成します。

 

相談窓口

​4月1日から相談を受付けています。​

チャレンジ農業支援センター

Tel:042-524-3191

https://www.tokyo-aff.or.jp/

(令和5年3月末よりも前に助成を終了する場合があります。)

 

 

東京都】ウクライナ情勢に係る緊急対策のご案内

■ウクライナ情勢に係る緊急対策について(東京都産業労働局ホームページ)(別ウインドウで開く)<外部リンク>

助成金について

従来の事業についてはこれまでどおり支援します

  

  1. 支援内容
    • 対象事業
      都内農畜産物の販売促進(イベント開催、広告、PR、デザイン制作、HP等開設、調査)
      都内農畜産物の商品開発(商品開発・製造、分析)
    • 助成率等
      助成対象経費の3分の2以内(助成金額   1事業実施主体あたり20万円~333万3千円)※緊急対策事業
      助成対象経費の2分の1以内(助成金額 1事業実施主体あたり15万円~250万円)
      助成金額が15万円以下の事業もありますのでご相談下さい。
      単年度事業(3月31日までに事業完了)
  2. 事業実施主体
    チャレンジ農業支援センターにより派遣された専門家の助言を実現する事業を実施する下記のもの。
    1. 農業者(就農が確実な者を含む。)
    2. 農業者が構成するグループや団体
    3. その他知事が認めたもの
  3. 申請方法等

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)