ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

苗木だより ~2021年秋~ 

(公財)東京都農林水産振興財団が苗木の管理を委託している農業協同組合で、苗木ほ場の品評会が開催されました。肥培管理や剪定技術について評価を行い、優秀な農家を表彰することで、技術の向上を図ることが目的です。財団の職員も審査員として参加しました。

 また、昨今の気候変動の影響などにより、ほ場の乾燥が目立つようになっています。水分の保持に加えて、雑草や病害虫の予防にも有効なので、マルチシートの利用を検討しています。現在、財団の展示圃で掘取の際にはがす必要のない紙製のマルチシートを試験的に使用し、耐久性などを観察しています。

苗木ほ場の品評会の様子

圃場の様子3

圃場の様子2

苗木展示圃の紙製マルチシート

圃場の様子4

圃場の様子5

その他、コキアも赤くなりきれいです。

圃場の様子6

皇帝ダリアの花も咲き始めました。

圃場の様子7