ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

本文

農業技術研修制度

 東京都農林総合研究センターでは、
 技術革新や情報化に対応し、東京農業の発展を支える次世代の農業経営者を育成するため、
 農業技術研修を行っています。

 毎年1月に、翌年度の研修生を募集しています。
 本ページ後半に、令和3年度の募集案内を掲載しています(応募は締め切りました)。
 ご関心のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 農業技術研修制度

農業技術研修について

1)研修方針

 東京都農林総合研究センターの試験研究のフィールドを活用して、農業に関する基礎的な知識および実践的な技能を修得させ、明日の東京農業を担う地域リーダーの養成を目指します。

2)研修コースと専攻

  • 園芸コース:野菜専攻・花き専攻・果樹専攻・植木専攻
  • 畜産コース

3)主な研修内容

園芸コース
研修期間 1年(土曜日・日曜日・祝日は休み)
研修時間 8時30分~17時15分(時季により異なります)
専攻実習 月曜日・水曜日・金曜日の全日、および火曜日・木曜日の午後
各専攻ごとにわかれ、日常の研究活動と一体のもと、農業に関する基礎知識および実践的な技能を修得します。また、各自テーマを持って実習を行い、レポートのまとめを行います。
講義 火曜日・木曜日の午前(専攻実習に変更の場合あり)
講師は、研究センター職員が主体です。講義内容は、野菜・花き・果樹・植木や病害虫防除、植物バイテク、土壌肥料などについての基礎的な内容です。
先進地視察 1泊2日
他県の先進地を視察し、様々な農業経営の実情を学びます。視察場所は研修生の希望などを考慮して決定しています。新型コロナウイルス感染防止対策のため、実施できない場合もあります。
管内視察 随時
東京の様々な農家を視察し、東京農業と農業経営の実情を学びます。
畜産コース
 研修期間  1年(土曜日・日曜日・祝日は休み)
 研修時間  8時30分~17時15分
 専攻実習  各専攻ごとに家畜管理の実践的な技能の修得を中心に行い、実習を通して基礎知識を学びます。また、テーマを持って実習を行い、レポートにまとめます。

4)経費

 受講料は徴収しません。ただし、教科書、参考書、実習衣および見学研修経費などは自己負担となります。

5)募集

 毎年12月下旬から1月に募集案内を配布します。資格は、高等学校を卒業した者及びこれと同等の学力を有する者で、原則として都内の農業後継者で40歳未満の者。詳しくは、以下をご覧ください。  

令和3年度 農業技術研修生募集のご案内(応募を締め切りました) 

東京都農林総合研究センターでは、技術革新や情報化に対応し、東京農業の発展を支える次世代の農業経営者を育成するため、農業技術研修を行っています。令和3年度の農業技術研修生を下記のとおり募集します。

1.研修方針

東京都農林総合研究センターの試験研究のフィールドを活用して、農業に関する基礎的な知識および実践的な技能を修得させ、明日の東京農業を担う地域リーダーの養成を目指します。

2.募集人員

  • 園芸コース(野菜・花き・果樹・植木専攻) 若干名
  • 畜産コース 若干名

 3.応募資格

高等学校を卒業した者あるいはこれと同等以上の学力のある者。
原則として都内の農業後継者で、令和3年4月1日現在40歳未満の者。

4.受付期間および場所

令和3年1月14日(木曜日)~1月27日(水曜日)
東京都農林総合研究センター 研究企画室
(立川市富士見町3-8-1)
Tel:042-528-5216
持参または郵送で提出、郵送の場合は1月27日必着とします。

5.提出書類

受講申込書(6ヵ月以内に撮影した縦40mm×横30mmの無帽上半身写真を添付)・履歴書・作文
作文について
題:「我が家の農業経営の現状と将来像、そして農業技術研修に期待すること」
作成様式:市販のA4横書き400字詰め原稿用紙で800から1,200字(ワープロソフトなどによる同様の様式も可)

6.選考日(面接試験)

令和3年2月8日(月曜日)午前 (開始時間は各応募者に個別に連絡します)

7.面接場所

東京都農林総合研究センター 立川庁舎 2F セミナー室


詳しい募集案内は、こちらの令和3年度農業技術研修生募集案内 [PDFファイル/232KB]から
受講申込書および履歴書は、こちらの受講申込書および履歴書 [PDFファイル/132KB]から
ダウンロードして下さい。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)